学校選びの参考にする|多数の資格取得が可能なキャリアカレッジジャパン

多数の資格取得が可能なキャリアカレッジジャパン

学校選びの参考にする

男の人

一般的に理学療法士になるためにはまず専門学校か大学に入る必要があります。大学は4年制ですが専門学校には3年制か4年制がありますので、どちらが良いか悩む要素となります。違いは学費とカリキュラムの密度です。3年制では期間が1年短い分カリキュラムの密度も濃くなります。学費は1年分安くなりますが、学内での試験範囲も広く留年する可能性も出てきます。4年制のカリキュラムは比較的余裕があり、留年のリスクはあれど3年制より試験範囲は狭いです。しかし学費は1年分高くはなります。メリットデメリットはありますが、双方共に最終的には国家試験に合格する必要があります。事情は個人差あるので、費用や勉強できる環境を作れるか等を考慮にいれ、自分に合う方を慎重に選ぶ必要があります。

理学療法士になる為のカリキュラムは非常に多いです。医学知識やリハビリ概論、手法や計画書の作成手順等、業務に直結した内容を学びます。3年制・4年制専門学校共に、カリキュラムに差はありません。理学療法士を目指す方で、費用面でクリアできるなら、4年制の専門学校を選んだ方がメリットや安全と言えます。学習すること多く、毎年留年生がでる程ついていくのも大変な内容です。十分な学習期間が得られるだけでもメリットはあります。国家試験に受かる事が最終目標なので、試験対策も比較的ゆとりを持て、大学のように卒業論文もないので、国家試験対策を講じる期間もあります。なにより、理学療法士といっても急性期や回復期、病院か施設か、はたまたリハビリテーション病院かと自分の目指す分野も決めなければなりません。その自分が進むルートを選択するにも吟味の時間は必要でしょう。確たる理学療法士像を持っていたり、苦労あれども短期間でなる覚悟があったりする方以外は、4年制の専門学校が比較的安全に目指せる選択と言えます。