レベルが異なる|多数の資格取得が可能なキャリアカレッジジャパン

多数の資格取得が可能なキャリアカレッジジャパン

レベルが異なる

看護師

大学がやや高め

看護師の資格を取得したい人は看護学校などの専門的な教育を受けることができる学校に行って知識を身に付け、国家試験に合格をするルートを選択します。このときだれでも看護学校に行くことができるわけではなく一定の偏差値以上がないと入学をすることができないケースが多いです。看護学校には大きく分けると専門学校と大学があります。この2つのうち、幅広い知識を身に付けることができるのが大学であるために偏差値もやや高めになっています。このように高めになってしまう特徴としては看護系の専門大学は数が少なく、各県に2つから3つほどしかないことが多いです。さらに授業の安い国公立系大学となると数が少なくなるために偏差値が上がる傾向があります。

人気で変わる値

看護学校の偏差値は大学も専門学校も人気によって大きく変わることになります。それぞれの看護学校の人気はいろいろな要因で変化をしますが、その中でも大きな影響を与える特徴があるのが国家試験の合格率と就職率です。看護師になるためには国家試験に合格をする必要があるためにこの試験の合格率が高い学校が人気になります。看護学校にしてもこの数字は大きな意味を持っているために合格率を上げるために対策をしているところが多いです。もう1つが就職率です。国家資格を取得しても就職をすることができなければ意味がありません。学校によっては医療機関に併設されていたり、病院と提携をしているところも多く、採用されやすい学校は人気が高いです。