あこがれの職業に就く方法|多数の資格取得が可能なキャリアカレッジジャパン

多数の資格取得が可能なキャリアカレッジジャパン

あこがれの職業に就く方法

看護師

専門学校に行くのが一般的

看護師になるためには、看護師の国家試験に合格して看護師免許の資格取得をする必要が出てきます。看護師の国家試験を受けるためには、一般的に高等学校を卒業してから看護系の大学や看護専門学校に進んで、国家試験を受けるための学習を進めていきます。また看護師になるためには、准看護師養成課程から看護師養成課程に進んでいく道もあります。看護師は人が生まれてから死んでいくまでの一生の中で、その人の健康や病気またその人の生活そのものに直接的、あるいは間接的に携わるため人への関心や人を大切にしていく態度はもちろんのこと、医療や看護に対する専門的な技術や知識を身に着けていくため、専門的な教育を受けることが必要になってきます。そのため専門学校で資格取得のための、学習をすることになります。

国家試験合格を目指して

国家試験の合格を目指して看護系の学校で学習を進めていく場合、各学校で資格取得率が違うことを頭に入れておかなければなりません。つまり専門学校で学んでいれば国家試験に合格するわけではなく、実際に試験を受けてみると各学校で合格率が違ってくるということです。ですから専門学校を選ぶときには合格率が良い学校を選択することが、重要になってきます。看護師になるためには国家試験の資格取得をしなければ意味がありません。この試験に合格して初めて看護師の名前を名乗れるのですから、学習をしていく専門学校は慎重に選びたいものです。専門学校の入学試験は、大きく分けると一般試験と推薦入試に分かれています。入試の形によっては何度か希望する学校に挑戦することもできますので、いつの時期にどのような入学試験があるのかよく把握して、試験に臨んでください。